おしゃれ照明器具 通販

おしゃれ照明器具は通販が一番

出典:  reroom.jp

部屋の雰囲気は照明器具で大きく変わりますよね。

 

蛍光灯の光だけだと少し冷たくて雰囲気の無い部屋になりますが、暖色系のペンダントやスタンドにすると暖かい雰囲気のある部屋になります。

 

自分の部屋も飾り気のない蛍光灯を使っていましたが、おしゃれなシーリングライトとフロアスタンドにしてから、部屋の雰囲気が落ち着いた感じになって、自分の部屋で過ごす時間が大好きになりました。

 

雰囲気のある光に包まれながら本を読んだり音楽を聴く時間はとてもリラックスできて幸せです。

 

そんな場を提供してくれる照明器具ですが、お店で見ると値段が結構しますよね。

 

もう少し安ければいいのになぁって思うこともあると思いますが、そんな時は通販を利用してみるといいかも知れません。

 

ショールームや実店舗を持たない通販専門ショップは、デザイナーズの照明器具でも安く購入することができるのでお得なんですよね。

おしゃれ照明器具の激安通販サイト

私が実際に利用した通販サイトでいいなぁと思ったのは以下になります。

 

TERRASSEO(テラッセオ)

インテリア照明専門のショップです。品揃えは業界最大級で、このショップに無い照明は無いと言えるほどですね。雑誌やTVドラマで見るおしゃれなインテリア照明もラインナップされています。また、サイト内では豊富な設置例を見ることができるので、自分の部屋のイメージを膨らませながら選ぶことができます。

 

≫テラッセオの公式サイトへ

 

 

ヤマギワOnlineStore

スタイリッシュなデザイナーズ照明器具をお手ごろ価格で購入することができます。バイオライトで有名なYamagiwaのオリジナルブランドから、トップデザイナーの照明器具まで幅広く取り揃えられています。

 

≫ヤマギワOnlineStoreの公式サイトへ

 

 

FLYMEe/フライミー

おしゃれ系の家具を通販で購入できる「FLYMEe」。もちろんおしゃれな照明器具も多くですよ。個性的なインテリア照明から無難なノーマル照明まで、気になる照明がきっと見つかると思います。

 

≫FLYMEeの公式サイトへ

インテリア照明器具の種類

雰囲気のあるおしゃれな照明の基本は、複数の照明器具を組み合わせる事にあります。

 

日本の住宅では、基本的に一つの照明器具で部屋全体を照らすのが一般的です。しかし、雰囲気のあるレストランやショップなどではたくさんの照明が使われているのに気づくと思います。

 

複数の照明を組み合わせてライティングすることで、光に表情が生まれて雰囲気のある落ち着いた部屋にすることができるのです。

 

照明器具は大きく分けると「全般照明」と「部分照明」に分けることができます。実は、上手なライティングは、この2つの照明を組み合わせることで実現することができます。

 

 

全般照明

部屋の全体を照らす照明です。高い位置に設置して上から部屋を照らす感じになります。明るい蛍光灯よりも少し暗めにできる調光器付きの照明器具を設置すると良いでしょう。

 

ダウンライト

天井に埋め込んで使用する照明です。マンションなどでは事前に施工済みである場合が多いです。天井に設置はされますが、一部分を明るくする際に用いられることが多いです。

 

ペンダント

天井からコードやチェーンで照明器具をぶら下げて使用します。一般的にダイニングテーブルの上に設置されることが多いです。

 

シーリングライト

天井に直付けで設置される照明器具です。全般照明の代表的なタイプの照明器具になります。最近は調光器付きのものが主流となっています。

 

シャンデリア

ペンダントと同様に天井からコードやチェーンでぶら下げて設置します。照明器具自体にインテリア性を持たせて空間を華やかに演出することができます。

 

部分照明

間接的に光を当てたり、部分的に光を当てる事により空間に表情を与える効果があります。全般照明と組み合わせることで雰囲気のあるライティングをすることができます。

 

ブラケット

壁面に取り付ける照明です。壁を間接的に照らすことができます。

 

フットライト

足元を照らす照明です。廊下などに設置することで安全性を確保することができます。

 

テーブルスタンド

テーブルに置くタイプの照明器具です。持ち運びが簡単で利用しやすい照明です。

 

フロアスタンド

床に置くタイプの照明器具です。テーブルスタンドよりも背丈が高く部屋のコーナーやソファーの近くに置かれることが大き照明器具です。

 

スポットライト

壁面に設置されて、対象物を強い光で演出することができます。

照明器具はどこに配置したらいいのか

出典: item.rakuten.co.jp

おしゃれなライティングは、部屋に「明るいところ」と「暗いところ」の強弱をつけるのがポイントです。

 

そうすることで、空間に奥行きが生まれて雰囲気のある空間を演出することができます。

 

あえて影を生じさせるために全体照明は若干暗めにするのがコツです。そして、暗い部屋の隅などに部分照明を置いて明るさを調整することで雰囲気のある部屋を作ることができます。

 

明るいところと暗いところを作り、光と影で部屋を演出することで空間的な広がりのあるおしゃれな部屋を作ることができますよ。

照明のデザインと光

照明のデザインは光の照らし方と深い関係があります。シェードの形や向きによって光の届く範囲が決められるからです。

 

照明を選ぶときは照明そのもののデザインだけでなく、実際に点灯したときにどのように光が広がるかを必ずチェックしておきましょう。デザインだけで選ぶとせっかくのライティングで失敗するリスクが高まってしまいます。

 

全体を照らすデザイン


シェードがないタイプの照明は光が放射状に広がるため、部屋全体をまんべんなく照らしたいときに利用します。

 

下方を照らすデザイン


シェードが幾重にも重なっているデザインで、下方全体に光を照らしたいときに利用します。デザイン性も優れていて、ダイニングやリビングなど幅広く利用されます。

 

スポット的に下方を照らすデザイン


このタイプの照明は、シェードが下方に向いているので、光もスポット的に下方に広がります。ダイニングテーブルを明るく照らしたいときなどに利用されます。